北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。

2017年12月29日

本日のパソコン修理は、映像出力の無い 東芝dynabook D51に追加のモニターを増設する作業です。

dynabook D51

 

お客様より ディスクトップパソコンにPCモニターを増設したいと言う 問い合わせがありました。

 

パソコンの型名や増設したいPCモニターの型番の連絡があったので、調べてみました。

 

お客さのパソコンは、一体型ディスクトップパソコンです。

 

選んだモニターは、4:3の非ワイド画面のモニターなので、既存の画面がワイドなので、ワイド画面のモニターを選んでもらうことにします。

 

理由は、内臓グラフチップを使うので、既存がワイド画面に対して 出力もワイド画面しかできないからです。

 

結果 4:3画面モニターだと 縦長に映像になるか 上下切れた画面になる可能があるからです。

 

追加でUSB接続でVGA出力ができるデバイスを購入できるように、アマゾンで探して購入してもう事にしました。

 

一体型パソコンの特徴として テレビパソコンを主の機能として、ブルーレインレコーダーやハイビジョンレコーダーの入力端子はあっても、出力端子が無いのがこの手のパソコンの特徴です。

 

ノートパソコンの場合 ほとんどの機種にVGA端子やHDMIの出力がついているので、液晶画面が割れても 外部モニターで使えることになります。

 

一体型ディスクトップパソコンの場合 映像入力端子しかないので、画面割れなどで外部のモニターを使う事が出来ないので、高額な液晶の交換となります。

 

ただし USBでVGA端子が追加できる 商品が出ています。

今回は、この部品を使って外部モニターを追加します。

USB-VGA

接続は至った簡単で、付属のCDからドライバーのインストールを行い、指示にしたっがって USB-VGAデバイスを繋ぎます。

 

ドライバーのインストールが終われば、いったん再起動を行って、モニターとUSB-VGAデバイスをVGAケーブルでつなぎます。

 

モニターの電源を入れれば、デュアルモニターの完成です。

 

細かい設定は、二つのモニターに同じ画面を出す複製画面にするか、二つのモニターを一つのモニターとして使う拡張モニターにするか決めます。

 

今回は、グーグルクロームを追加タブで別々の画面に出したいということなので、拡張画面にしまし。

 

後は、簡単の操作や設定方法などを説明して 本日のパソコン修理を終了します。

関連記事

  1. DELL Optiplex 3020 SSD換装作業
  2. NEC(VN750/M)一体型ディスクトップパソコン 電源が落ちる
  3. 動き遅いSONYノートパソコンSSD換装
  4. ショップオリジナルパソコン電源BOXの取り替え
  5. FMV-BIBLONB60L/WノートPC起動ドライブの取り替えと旧ソフトのインストール
  6. SSD換装 富士通 ESPRIMO FH550/3B 
  7. 起動途中で止まる NEC LS150/F ノートPC 
  8. SSD換装 NECノートパソコン(PC-LS550HS3EB)
  9. LANケーブルの取り替えとネットワークプリンターの再構築
  10. 突然電源が落ちるショップブランドPCの修理