北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

FRONTIER ディスクトップPC 起動修復とSSD換装

2017年09月22日

本日のパソコン修理は、起動修復を繰り返して動かない フロンティア ディスクトップパソコンの起動修復とSSD換装作業です。

 

修理方法は、既存のハードディスクよりデータの抽出を行ってから、起動回復より修復をおこないます。修復ができれば SSDにクローンを行い既存のハードディスクと取り換えてます。

もし修復ができなければ、SSDに直接リカバリーを行って 新規にwindows7のインストール オフィスのインストール ウィンドウアップデートを完了させて マイデータを戻すようにします。

 

まずは、お客様の大事なデータの抽出を行ってから作業を行います。

ハードディスクの取り外しを行います。

正面より左側のサイドパネルを外すため、バックにあるネジ2本を外します。

 

ネジが外れたら パネルをスライドさせて取り外します。

 

ハードディスクにつないである、電源ケーブルとS-ATAケーブルを外します。

 

この状態では、全面のパネル側のネジが外せないため、ハードディスクをケース事外します。

裏面にネジからネジを外します。

 

ケースからハードディスクを取り出して 他のパソコンにUSB接続でつないで、マイデータの抽出を行います。

 

ハードディスクを簡易的に元のパソコンに戻して、起動回復より修復をおこなってみます。

まずは、スタートアップの修復を行ってみますが、失敗します。

 

次に システムの復元を行ってみますが、システムの復元ファイルがありません。

 

システムのイメージファイルのバックアップもありません。

 

OSがWindows7からのアップグレードのWindows10なので 10の機能の一つでもある、データを残してのシステムのリカバリーを実施しますが、これも失敗します。

 

マイデータは取れているので、SSDに直接リカバリーを行います。

先ほど外した ハードディスクケースにSSDを取り付けます。

 

ケースは、3.5インチベイト SSDは、2.5インチなので変換スペンサーを使って取り付けます。

 

本体にケースに戻して 光学ドライブよりブートさせてリカバリーを実施します。

リカバリーディスクが起動して Windowsのインストールが始まるわけですが、インストール開始の直前で止まって先に進みません。

 

数回繰り返すが、現象はやはり同じです。

 

リカバリーディスクの初期不良の可能性もあるので、別のパソコンでCDブートさせてみると、問題なくインストールが始まります。

 

それでは、Windows7オリジナルのインストールディスクで行ってみますが、やはり同じところで止まって先に進みません。

 

原因を探すため 光学ドライブを取り替えてみます。

やはり 同じところでとまります。

 

次に2枚あるメモリーを一つ外して起動させてみます。

すると 何事もなくインストール作業が進みます。

 

原因は、メモリーまわりにあるみたいです。

2枚あるメモリーに問題があるのか、マザーボードのメモリースロットに問題があるのか、切り分ける必要があります。

 

メモテストで、ブートさせて メモリースロットに1枚ずつメモリーをさして検査していきます。

結果 マザーボードのメモリスロットには異常はありませんでした。

2枚ある1枚にメモリーにエラーがはいっていました。

 

故障原因は、メモリーのエラーによるスタート時の複数回のシャットダウンと再起動で、マスターブートレコーダーとWindows内部のファイルが損傷して 動かなくなっていました。

 

別件ですが、内部が大部チリと埃でよごれていたので、清掃をサービスをおこないました。

 

清掃後は、こんなにきれいになりました。

 

 

関連記事

  1. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  2. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  3. HDDの取り替えと熱対策 
  4. ハードディスクの取り替えと内部清掃
  5. 富士通LIFEBOOK AH42/S SSD換装
  6. 富士通LIFEBOOK SH54/G SSD換装とOFFICEアップデート不具合解消
  7. SONY VAIO PCG-11417Nデータの抽出
  8. Lenovo G50ノートPC 電源が入らない
  9. 富士通 LIFEBOOK AH77/H ブルーレインドライブ交換
  10. 起動しないNEC一体型ディスクトップパソコン『 PC-VN770VG6B』