北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

NEC VALUESTAR 一体型テレビパソコン SSD換装

2017年08月26日

本日のパソコン修理は、「NEC VALUESTAR 一体型テレビパソコン SSD換装」作業です。

 

このパソコンは、購入から7年程度経過していて 起動時間も2万時間を超えているため、データの保護も考えて 新しくハードディスクに交換することになりました。

 

どうせ交換するなら 起動速度も速くなる SSDを換装するこになりました。

 

まずは、裏側のカバーを外してハードディスクの取出しを行います。

 

結構汚れも堆積しています。同時にこれも掃除を行います。

 

裏面のカバーを固定しているすべてのねじを外していきます。

 

写真のようにスタンドを持ってまっすぐに、上に引っ張ります。

すると このように外れていきます。

 

ウラのケースカバーを外した状態です。

中央下に見えるケースの中にハードディスクがあります。

 

写真のように ハードディスクの電源とS-ATAケーブルを外します。

 

ハードディスクのケースを固定しているネジ3本をすべて外します。

 

ネジを外したら ハードディスクのケースをまっすぐ上に持ち上げて外します。

 

ハードディスクケースごと外した状態です。

 

外したケースから ハードディスクをとだします。

 

写真左にあるのが、今回新しく取り付けるSSDで右にあるのが既存のハードディスクです。

 

既存のハードディスク全体を今回新しく購入したSSDに「EaseUS Todo Backup Free 10.0」をつかって複製します。

ダウンロード先下記より

https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

 

別のパソコンに旧HDDと新SSDをUSB接続でつないで、クローン作業をします。

 

クローン作業が終わればSSDをHDDのあった場所に戻します。

 

ここで電源をいれて 通常に起動できれば 問題ありません。

 

しかしながら ごくまれに起動できないときもあります。

原因の大半が、マスターブートレコーダーの不具合で起動できなくなっています。

 

起動回復ディスクを使って スタートアップの修復作業をおこなえば 簡単に動く場合がほとんどです。

 

緊急時の為、パソコンが正常に動いているとき 起動回復ディスクを作っておくことをおすすめします。

作成方法は、マクロソフトのホームや他のサイトにたくさん紹介しています。

 

もし オリジナルのWindowsのdvdがあれば、そちらでも 起動回復の修復やメンテナンスなどができます。

 

追記

CPUまわりの清掃したら こんなにきれいなりました。

 

これだけで、ずいぶん音も静かになりました。

定期的な清掃も大事なパソコンを長く使えるため、作業のひとつです。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. LIFEBOOK AH30/Eハードディスクの取り替え
  2. 有線ルーター(BBR-4HG)を無線ルータ(WSR-300HP)と取替え
  3. NEC HF150/B 起動ドライブの取替え
  4. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  5. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  6. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  7. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  8. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  9. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  10. HDDの取り替えと熱対策