北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理

2017年07月25日

本日のパソコン修理は、「電源投入後 すぐに固まって動かなくなる Acer Aspire 5741 ノートパソコンの修理です。

Acer Aspire 5741

 

症状は、ログイン画面でパスワードの入力後 砂時計が回ったまま動かない。

子供の成長記録が数年分入っているので、最優先でデータの抽出を行います。

 

Windowsがまともに動かないので、ハードディスクを外して直接データのサルベージをおこないます。

作業はパソコンの裏面より始めます。

 

最初は、バッテリーを取り外す作業からです。

左右にある鍵マークを開く方向にスライドさせるとバッテリーがポンと持ち上がります。

それを掴んで外します。

 

写真でみる 長方形の長いカバーがあります。

センター上下2か所にシールが貼ってあります。

その下に隠しネジがあるので、シールをはがします。

はがしたら ネジ2本を外します。

 

写真位置に取外し用の小さなクボミがあるので、指でひっかけて手前に引っ張ります。

 

カバーを外したら、ハードディスクが見えます。

 

ハードディスク挿し込み口上下にある ネジ2本を外して、左にある透明にフィルムを左方向にスライドさせます。

 

スライドさせながら手前に持ち上げると ハードディスクが外れます。

 

外したハードディスクの固定用金具のネジを外します。

 

外したハードディスクを別のパソコンにUSB接続でつないで データの抽出と

ハードディスクの使用時間や葉損状況を調べます。

 

結果ハードディスクには、異常がなくデータも簡単に抽出できました。

再度ハードディスクを本体にもどします。

 

2~3日までは、普通に動いていたそうなので、システム回復ディスクを使って システムの復元で数日前に戻すことにします。

結果 Windowsが立ち上がり ログインできるようになりました。

 

ここで問題が発生です。

もどした日付場所には、すでにたくさんのアドウェアウィルスが混入しています。

 

戻す場所を数か月前にしてもやはり アドウェアウィルスにおかされています。

パソコン購入時すぐに 混入していたと思います。

 

ブラザーの画面をYAHOOのトップページに設定しても すぐに別のページに書き換えられます。

 

ブラザーの拡張機能のアドオンソフトやスタートアップに登録されている 意味不明のソフトなど除去などをおこなって、最後の仕上げに、いつも使っている「ワンクリク詐欺除去ツール」をつかって除去をおこないます。

 

しかしながら どしても取り除けないアドウェアウィルスがいます。

 

別の駆除ソフト 「アドウェアクリーナー」を実行させてみます。

これが正解で、すべてのアドウェアウィルスの駆除ができています。

 

起動速度も早くなりました。

ウィルスセキュリティーソフトがもともと入っていなかったので、フリーのソフトをインストールしておきます。

 

最後に Windowsアップデートで最新のセキュリティー状態にして作業の完了です。

 

関連記事

  1. ハードディスクの取り替えと内部清掃
  2. 富士通LIFEBOOK AH42/S SSD換装
  3. 富士通LIFEBOOK SH54/G SSD換装とOFFICEアップデート不具合解消
  4. SONY VAIO PCG-11417Nデータの抽出
  5. Lenovo G50ノートPC 電源が入らない
  6. FRONTIER ディスクトップPC 起動修復とSSD換装
  7. 富士通 LIFEBOOK AH77/H ブルーレインドライブ交換
  8. 起動しないNEC一体型ディスクトップパソコン『 PC-VN770VG6B』
  9. NEC VALUESTAR 一体型テレビパソコン SSD換装
  10. 起動速度が遅くなった自作パソコン修理