北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

自作パソコン Windows7の入れ替え

2017年06月10日

本日のパソコン修理は、『不安定で遅い 自作パソコンのWindows7の入れ替え』作業です。

 

『数年前に作った自作パソコンを復活させて、今使っているWindows XPパソコンと入れ替えてほしい』との依頼です。

元ののOSは、同じくWindows7で 動いていますが 動きが遅いパソコンです。

 

Windows7のインストールディスクやプロダクトキーなど、元いた従業員が管理していて どこにあるかわからないと言うことなので、プロダクトキーの抽出を行います。

 

プロダクトキーの抽出が終われば、パソコン内部の状況を確認します。

 

マザーボードはちょっと古めで、ハードディスクを パラレル接続でつないでいます。

でも光学ドライブは、シリアル接続でつないでいます。

 

ハードディスクを パラレルより高速なS-ATAのハードディスクに交換です。

 

この状態でWindows7のインストールを始めます。

手持ちのWindows7のメディアを使います。

 

特に問題なくインストールが進んで行きます。

インストールが完了するとユーザー情報を入力していきます。

 

数回の再起動を繰り返して通常に、Windows7が立ち上がってきます。

この状態でイーサーネットカードは、認識して使える状態なので、ここでライセンスの認証を済ませます。

 

先ほど抽出したプロダクトキーを入力して ライセンスの認証を始めます。

数分で認証が終わります。

 

次は、Windowsアップデートをおこないます。

この時点で、認識されていないデバイスが数個あります。

 

Windowsアップデートを行うことに事により 認識する可能性もあります。

 

アップデートを行う前に事前に アップデートの不具合「時間がかかるや終わらない」などの不具合を解消するため、修正プログラムKB3138612を事前にインストールをおこないます。

 

SP1以降の修正プログラムは、約200程度あります。

この状態で 数時間放置して 更新作業を終わらせます。

 

数回の再起動とアップデートが終われば 次にまた新しいアップデートなどがあり 数回のアップデートを繰り返します。

この時点でデバイスを認識していないものは、ビデオカードだけになりました。

 

いったんここで電源を落として ビデオカードを外して 搭載されているビデオチップを調べます。

Webより ビデオチップに記載されている 英数字を入力して 該当のドライバーをダウンロードします。

 

無事ダウンロードからインストールまでおわれせれば 完了までもう少しです。

 

XPパソコンからマイドキュメントの写真やテキスト メールアカント設定やメールデータのバックアップなどを行います。

抽出したマイデータを新しくインストールしたWindows7マシンに移して 本体を入れ替えます。

 

これですべての作業は完了です。

 

本日のパソコン修理のポイントは、プロダクトキーの抽出とパラレル接続からシリアル接続にハードディスクを交換したことです。

 

プロダクトキーの抽出は「Speccy」をつかっています。

ハードディスクの検査は「クリスタルディスクインフォ」を使っています。

 

 

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  10. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換