北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。

2017年06月04日

パソコンを手っ取り早く高速化するとしたら、ハードディスクをSSDに交換する事です。

 

ただし 既存のデータと環境をそのまま移行してSSDに交換するとなると それなりの知識と経験がいります。

 

既存の環境をそのままSSDにクローンするソフトは、多数ありますが無料でこれが簡単にできるソフトは限られてます。

 

わたしのおすすめするソフトは、「EaseUS Todo Backup Free」です。

 

よみかたは、「トゥドゥ · バックアップ · フリー」と読みます。

 

このソフトは、無料でありながらハードディスクの中身をまるごとSSDに複製してくれるソフトで

複製後 パソコンにSSDを装着するだけ 通常に起動できて 既存の環境をそのままで高速化を可能にしてくれます。

 

EaseUS Todo Backup FreeのインストールからハードディスクのデータをSSDにクローンまでの作業を説明いたします。

 

まずは、下記より 「EaseUS Todo Backup Freeの日本語公式ページ」よりダウンロードします。

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

 

 

無料ダウンロードをクリックします。

 

ダウンロード完了後セットアップを開始します。

ここでは、Free版を試すのでそのまま「次へ」クリックします。

 

重要な情報を読みあげて「同意」をクリックします。

 

追加タスクにチェックをいれて「次へ」クリックします。

 

個人データの保存先の選択画面になりますので、特に変更なしの「次は」をクリックします。

 

ファイルの展開がはじまります。

 

しばらくするとインストール完了画面になります。

「完了」をクリックします。

 

今回はフリー版で試すので「後で」をクリックします。

 

下記の画面では、「クローン」と「システムのクローン」のどちらかを選びます。

「クローン」は、ハードディスク全体を複製する項目でリカバリー領域などすべてを複製します。

「システムのクローン」は、起動に必要な起動ドライブを複製して、リカバリー領域など複製しません。

 

今回は、ハードディスク節約の為に「システムのクローン」を選択しました。

ソース元は、自動的に必要な項目を選んでいます。

 

次は、クローン先のターゲットの選択画面になります。

ここでは、SSDを選択します。

一番したの項目の「SSDに最適化」にチェックをいれます。

そうすればハードディスクとSSDの容量の差を自動的に調整してくれます。

 

「次へ」クリックすればクローンが始まります。

 

しばらくすると 複製作業が終わるので「完了」をクリックすれば、既存ディスクと同じ環境のSSDができあがります。

 

あとは、既存のハードディスクとSSDをいれかえれば、作業の完了となります。

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換