北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Panasonic CF-510 SSDに交換

2017年04月08日

本日のパソコン修理は、Panasonic CF-510 をSSDに交換する作業です。

 

ハードディスクの取り出しから始めます。

ノートパソコンを裏面にしてバッテリーをとりだします。

写真にように スライドボタンを内側に動かしてその状態で、バッテリーをスライドさせて外します。

バッテリーを外す

 

バッテリーを外した状態です。

 

バッテリーの左側にハードディスクがあります。

写真位置のネジ2本を外してます。

まずは、1本目のネジを外す

 

次は、2本目にネジを外す

 

2本のネジが外れたら、側面のフタが外れます。

写真を参考にしてください。

 

フタが外れたら ハードディスクが見えます。

 

ケーブルを外して ハードディスクを引っ張りだします。

右が既存のハードディスクで 左が今回新しく購入した CFD製のTOSHIBAのコントロールチップを使用したSSD240GBです。

 

 

取り外したハードディスクとSSDを別のパソコンにつないで クローン作業を始めます。

 

クローン作業が終われば、パソコンにSSDを取り付けます。

電源を入れて起動確認をおこないます。

 

 

無事に起動できる事を確認して、SSDに交換したことににより SSDに特化した設定(自動で行うデフラグの中止 先読みファイルの中止など)を施します。

 

ソフトは、「SSD最適化設定」でおこないます。

 

設定が終われば、各アプリケーションの動作確認を行います。

 

今回もアドウェアウイルスが混入していたので、削除を行います。

スタートアップにも不要なソフトが常駐しているので、不要と思われるソフトを停止します。

 

長年のアプリケーションの追加や削除によりソフトの残しファイルが有るので、それも掃除します。

不要と思われる レジストリーエントリーを整理します。

 

ここにもまだ アドウェアウイルスの痕跡が残っていたので削除します。

 

不要ファイルの掃除やレジストリーの整理 スタートアップの整理 以前紹介しているフリーソフトの「CCクリーナー」でおこないます。

 

次は、Windowsアップデートで最新の状態にします。

 

これで、本日のパソコン修理の作業は完了です。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 無線ルーターの買え替えの注意点
  2. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  3. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業
  4. Dynabook B452/H HDDをSSDに変更とメモリーの増設
  5. 富士通LIFEBOOK AH30/C をSSD化とメモリ増設
  6. Panasonicノートパソコン CF-SX1 ハードディスクをSSDに交換
  7. 容量不足の起動ドライブ(ハードディスク)を交換
  8. 自作パソコン Windows7 32bit版を64bitに入れ替えをする
  9. パスワードを忘れてログインできなくなったWindows10
  10. 突然と電源が入らなくなったショップオリジナルPC