北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

新規パソコン設置に伴う メール設定とプリンター設定

2017年01月21日

本日のパソコン修理は、中古パソコン販売後のアフターとして パソコンの設置を行いました。

 

お客様宅にパソコンをもって設置開始です。

作業内容は、本体の設置と初期設定(無線LAN・メール設定・プリンター設定など)です。

 

無線LANの設定は、無線ルーターにう書かれているSSIDとパスワードを確認します。

特に問題なくインターネットにつなぐ事ができました。

 

問題は、ここからです。メールの設定をするのにプロバイダーから送られてくる書類を確認しながら、メールの設定をおこなっていきます。

 

プロバイダーは、私も使っている「ソネット」で、問題なく簡単につながると思っていました。

ところが何度やっても 「無効」と言われ 設定が完了しません。

 

通常何か問題あれば、「メールアドレスが違います」「パスワードが違います」など出てきますが、そこまで言っていないレベルです。

 

インターネットにつながっているので、プロバイダーはとの契約はできているのは間違いありません。

 

書類の日付を確認すると、5年前契約に日付になっています。

 

事前に話を聞いているのは、昨年インターネットにつないだと聞いているので、「別に書類がないですか?」と聞いてみると、ゴソゴソと探していると、去年 契約したと思われる OCNのプロバイダーの書類が出てきました。

 

再度仕切り直して メールの設定をおこないますが、今度は、「メールアドレスおよびパスワードが違います。」と出てきます。

 

お客様に「メールアドレスかパスワードを変更していますか?」と聞くと、「ひょっとしてこれかな?」と手書きのメールアドレスが書かれた紙が出てきました。

 

新しくメールアドレスを入れ再度やると やはり「メールアドレスおよびパスワードが違います。」と出てきます。

 

メールアドレスを変更した時に、一緒にパスワードの変更もおこなっているみたいで、いくらさがしてもパスワードが書かれた書類が出てきません。

 

メールアドレスを変更しているので、OCNのマイページにアカントに登録しているのは、間違いないので、そこから、パスワードの再設定をする事にします。

 

マイページに入り 登録の携帯電話番を聞くと「覚えてない」と言うことでした。

奥さんの携帯に番号や本人に携帯電話の番号などを入力して、なんとか マイページにログインする事ができました。

 

そこから、パスワードの変更を行い、をわすれたら困るので、初期設定のパスワードに数字をつけて、プロバイダーの書類に追加記入します。

 

お客様の方で新旧の書類が、わからなくなっているので、私の方で書類の整理を行い 古いプロバイダーの書類は破棄するようにお願いして、本日の作業は終了です。

 

 

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業