北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

TOSHIBAノートパソコン DVDドライブの取り替え

2017年01月09日

本日のパソコン修理は、TOSHIBAノートパソコン DVDドライブの取り替え作業です。

機種は「dynabook Satellite B45/E」です。

dynabook Satellite B45/E

 

お客様の話では、ドライブのトレーが空かなくなった言うことでした。

私の所へ持ち込んだ時は、ドライブの開閉はできましたが、アクセスランプが点灯したままです。いったん外して別のパソコンにつないで、動作確認をおこなってみます。

 

それでは、取り外し作業にはります。

 

まずは、ノートパソコンの裏側にして作業に入ります。

 

DVDドライブは、ネジ1本で固定されているので外します。

ネジを外す

 

ネジが外れたら、ドライブを引っ張りだします。

簡単に抜けます。

ドライブを引っ張りだす

 

DVDドライブを取り出した状態です。

DVDドライブを取り外した状態

 

付属の固定ネジをはずします。

2本あります。

固定ネジを外す

 

ここで、いったん別のパソコンつないで、動作確認をします。

今回は、別のパソコンにつないでも 動かなかったので、新しいドライブとの交換になります。

 

フロントのベゼルをはずします。

外すにあたりトレーを出す必要があります。

細いクリップみたいな 針でフロントベゼルにある 孔に挿して 強制的にトレーを引っ張りだします。

今回はつまようじで行いました。

孔に針をさしてトレーを引っ張りだす

トレーを引っ張りだした状態

 

次にベゼルをはずします。

ツメ4か所で止めてあるので、マイナスドライバーなどで、ツメの引っ掛けを外していきます。

割れやすいので、注意してください。

ベゼルを外す

ベゼルを外す ゆっくりと慎重に

 

ベゼルが外れた状態です。

ベゼルを外した状態です。

 

すべて外した状態です。

すべてを外した状態です。

 

後は、新しいドライブにベゼルと固定金具を取り付けて 元に戻します。

 

動作確認として 市販のDVD VIDEOを再生します。

セットアッププログラムにはいったCDなどをいれてインストールできるか確認します。

 

後は、再起動を行って再度動作確認をおこないます。

問題がないので作業に完了です。

 

DVDドライブの取り替え作業にあたり 下記の事を注意して作業を行ってください。

1.フロントベゼルを取り外す 取り付ける時は、ツメが簡単に折れやすいので、ゆっくりと無理しないで作業を進める事

2.まれに相性問題もあるので、同じメーカー同品種のドライブと取り替えるの望ましい。

3.最近では、薄型のDVDドライブを装着している機種もあるので新しく買う時は、厚みに注意して購入すこと

※外した物をもっていって購入すれば間違いなし。

4.故障している物とおもわれるドライブは、一度他のパソコンにつないで、ほんとに壊れているか確認した方がいいです。※パソコン内部のドライバーによる不具合で、DVDドライブが動かなくなっている可能性もあるからです。

 

最後にお客様より「電気屋で修理したら なんで高いですかね?」と言われてました。

関連記事

  1. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  2. HDDの取り替えと熱対策 
  3. ハードディスクの取り替えと内部清掃
  4. 富士通LIFEBOOK AH42/S SSD換装
  5. 富士通LIFEBOOK SH54/G SSD換装とOFFICEアップデート不具合解消
  6. SONY VAIO PCG-11417Nデータの抽出
  7. Lenovo G50ノートPC 電源が入らない
  8. FRONTIER ディスクトップPC 起動修復とSSD換装
  9. 富士通 LIFEBOOK AH77/H ブルーレインドライブ交換
  10. 起動しないNEC一体型ディスクトップパソコン『 PC-VN770VG6B』