北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

無線LANの修復再セットアップ

2016年08月12日

本日のパソコン修理は、「起動時に、リモートコントロール・・・・」とか表示されてインターネットにつながらないので修理してほしいとの依頼です。

 

パソコンの環境は、ブロードバンド回線はビビック光でルーター機能のない無線LANでつないでいます。

 

ルーターがないので通常であれば、インターネットの接続のショートカットを作ってパソコンを立ち上げる常に、クリックしてインターネットに接続をするのが通常です。

 

でも ここでは、ビビックが無料配布している「ビビック光接続ツール」なるソフトを使ってつなげば、Windowsのスタートアップに登録されて、自動でインターネットに接続してくれるアプリケーションを使っていました。

 

今回は、この「ビビック光接続ツール」なるアプリケーションが、動作不良でインターネットに接続をしていない状態でした。

その状態でブラザーのショットカットクリックするから、「起動時な、リモートコントロール・・・・」がでていました。

 

お客様よりビビク光から送られてきた書類を、用紙してもらいインターネットの設定を再設定する事にしました。

 

まずは、このアプリーケーションをコントロールパネルのプログラムのアンインストールから削除します。

 

現状インターネットにつながらないので、簡易的にプロバイダーの情報を元にインターネットにつなげます。次にビビック光のホームページより「ビビック光接続ツール」をダウンロードします。

 

ダウンロード完了後、インストールを行います。無事インストールが完了してアプリケーションを起動させます。プロバイダーの情報を元に各項目に入力していきます。

 

入力が完了すれば、接続のテストを実行します。何事もないく接続が完了しました。次は、再起動を行ってパソコンが立ち上がった時に自動で接続するか、エラーがないか確認します。

 

再起動が、Windowsが立ち上がり 「ビビック光接続ツール」が自動で立ち上がり、インターネットに接続を行いました。

ブラザーのショットカットをクリックすれば、何事もないくインターネットにつながって作業完了です。

 

ここのお客様より「このパソコンは買って4年位立つけど。ちょこちょこ調子が悪くなりお金がかかるので、昨日の広告に入っていた中古パソコンが追加手出しで保証期間半年間あるので、このパソコンの購入を検討している」と言われたので、その広告をみてみました。

 

機種は、約8年位前の機種で windows7 officeなしで3万 おい金3千円で保証期間半年間 計33000円で税込み35640円になります。

 

はっきり言って 高いような気がします。「3万出すならもう少し手出して新品のパソコンをもしくは、今の機種をグレードアップした方が結果的に安くすみますよ」とアドバイスして帰りました。

関連記事

  1. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  2. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  3. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  4. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  5. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  6. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  7. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  8. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  9. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  10. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理