北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

ONKYOディスクトップパソコンのシステム修復作業

2016年07月02日

本日のパソコン修理は、WIindows7が起動できなくなったONKYOディスクトップパソコンのシステム修復作業です。

ONKYOディスクトップパソコン

 

早速診断です。

電源を投入してしばらくすると、スタートアップ修復画面になります。

 

修復方法は、色々ありますがまずは、詳細ブートオプションを起動させます。

電源投入ご 画面が暗い内に「F8」ボタンをおします。

すると「詳細ブート オプション」の画面がでてきます。

 

上から6番目の「前回正常起動の構成」を選びます

ENTERを押します。

すぐに Windows7が立ち上げれば問題なく修復できています。

今回は、これで起動できました。

 

後は、ハードディスクの検査です。通常この現象は、マスターブートレコーダーと言うファイルが破損して起動できない現象です。

壊れる原因は、機械的にハードディスク悪くなってマスターブートレコーダーの破損も考えられる為、ハードディスクの検査も同時に行っておきます。

 

使用ソフトは、いつも使っている「クリスタルディスクインフォ」です。今回は検査した結果ハードディスクの損傷はありませんでした。

 

もし このような現象が起きたたら、早めに専門家に見せてください。今回のように早めに持ってきた事によりハードディスクの損傷もなく、お客さまの大事ないデーターも失う事もありません。

 

もし ハードディスクが壊れていたら、修理代金も高額な金額になってしまいます。早め々のメンテナンスが、パソコンを長く快適に使っていくコツです。

関連記事

  1. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  2. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  3. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  4. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  5. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  6. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  7. HDDの取り替えと熱対策 
  8. ハードディスクの取り替えと内部清掃
  9. 富士通LIFEBOOK AH42/S SSD換装
  10. 富士通LIFEBOOK SH54/G SSD換装とOFFICEアップデート不具合解消