北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

DVDのCOPY 作業依頼

2016年06月23日

先日 お客様より「教育実習に使うDVD3枚を5セットづつ焼いてほしい」との依頼です。

 

DVDは、著作権などに違反するものではなく、過去に自分で撮影撮影した物をDVDビデオにしたものでコピーガードも入っていないものです。

 

COPYに使用するソフトは「ImgBun」です。このソフトはお勧めソフトとして以前紹介しています。前作は、あのコピー解除ができる「DVD Decrypter」です。

 

ただし「ImgBun」は、コピー解除機能は削除されています。フリーのライディングソフトとしては、高機能で今でも開発継続されているソフトで安心して使えます。

 

使い方の手順は、まず ディスクからイメージを作成してます。

イメージを作成する

 

入力元を選択(dvdドライブを選択)

入力元を選択する

 

出力を選択する(保存先を決める)

出力を決める

 

変換開始のスタート

開始

 

 

出来上がったイメージファイルをディスクに書き込みます。

ディスクに書き込む

 

入力元を選択(先ほど出来上がったイメージファイルの保存場所を指定する)

入力元を選択する

 

書き込み速度はMAXのままで、書き込み枚数を決める。

書き込み枚数を決める

 

ディスク作成開始のスタート

ディスク制作開始スタート

 

後は、枚数にそってディスクのいれかえをおこなっていけば完成いたします。

 

ここで注意として、上の項目で「ベリファイ」と言う項目があります。この項目は、ディスクに書き込みが終わった後に、正常に書き込みがされているか検査する項目です。チェックを外せば検査をしないので、終わりも早くなります。通常は、チェックなしでもいいと思います。

 

あと メモリー量の少ないパソコンの場合 一度に大量のディスクを作成すると作成ミスも多くなりますので、適度に再起動を繰り返して作業を行えば、無駄に失敗するメディアの数も少なくなると思います。

 

 

 

 

関連記事

  1. LIFEBOOK AH30/Eハードディスクの取り替え
  2. 有線ルーター(BBR-4HG)を無線ルータ(WSR-300HP)と取替え
  3. NEC HF150/B 起動ドライブの取替え
  4. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  5. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  6. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  7. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  8. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  9. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  10. HDDの取り替えと熱対策