北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

ノートパソコン新規セットアップの設定

2016年06月20日

先日持ち込み修理がありました「FMV-BIBLO NF/G40」のお客様が、新しいノートパソコンを購入したので、セットアップの依頼がありました。

 

Windows 8.1以降 マイクロソフトOFFICEのライセンス認証がマイクロソフトのアカントを取って、インストール作業を行ってではないと、使えなくなっています。

 

お客様に住所や電話番号 郵便番号など所定の用紙に記入してもらいます。マイクロソフトのアカントを取得するには、メールが必要なので、ついでにGメールも取って、マイクロソフトのアカントに使うようにします。

 

まずは、グーグルの画面に行ってグーグルのアカントを取得します。住所や電話番号 Gメールに使う希望のアドレスを記入して申請します。

アカントの取得を申請すればすぐにグーグルのアカントは取れます。

 

次にマイクロソフトのアカントの取得です。パソコンに付属しているオフィスのシリアル番号を事前に準備しておきます。オフィスのエクセルでもなんでもいいので、シリアル番号を入力する画面が出てきます。入力を終えるとマイクロソフトのアカントの入力画面があらわれます。

 

マイクロソフトのアカントをもっていれば、そのまま入力していけばいいのですが、今回はマイクロソフトのアカントを取得します。アカントの取得をクリックすれば、所定の入力画面が出てきます。必要事項を入力していきますが、マイクロソフトアカントのメールアドレスの入力のところで、先ほどのGメールのアドレスを入力します。

 

すべて入力が終わると、先ほどのGメールのアドレスの4桁の確認番号と入力先のアドレスが送られてきます。入力先のアドレスをクリックすれば4桁の数字を入力する画面が出てきます。先ほど送られてきた4桁の数字を入力して確認ボタンをクリックすれば、マイクロソフトのアカントの取得に成功です。

 

後は、画面の指示に従いオフィスをダウンロードしてインストールすれば、オフィスのインストールをライセンス認証が終わります。マイクロソフトのアカントは、次に再インストールするときに必要になってきますので、大事に記録保管してください。

 

後は、プリンターの設定になります。プリンターの型番を入力してドライバー関係をダウンロードします。今回の接続はUSBケーブルでつなぐので、特に難しい事はなく、ダウンロードしたドライバーをクリックして画面の指示に従ってインストールしていきます。

 

インストールが完了して、WINDOWSのテストプリントを行って、無事印刷できれば作業は完了です。

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。