北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

レジストリエディタを理解する

2014年08月05日

レジストリエディタはファイルやフォルダを扱う「エスクプローラ」のように、左側のツリーの表示部分と右側の設定値表示の部分に分かれます。

レジストリはまさにファイルとフォルダのいように、「キー」といる設定情報の入れ物に中にそれぞれの値が登録されている。
「キー」の中にはさらに「キー」があり、階層構造になっている。


実際に階層をたどるには、左にある「キー」の「+」をクリックする、より階層に登録されているキーや値が表示される。

また値は、設定できる内容によって「文字列」「バイナリ」「dword」という3つにわけられている。
値を変更するには、右側から変更したい値をダブルクリックして行う。

関連記事

  1. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  2. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  3. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  4. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  5. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  6. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  7. HDDの取り替えと熱対策 
  8. ハードディスクの取り替えと内部清掃
  9. 富士通LIFEBOOK AH42/S SSD換装
  10. 富士通LIFEBOOK SH54/G SSD換装とOFFICEアップデート不具合解消