北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

レジストリエディタを理解する

2014年08月05日

レジストリエディタはファイルやフォルダを扱う「エスクプローラ」のように、左側のツリーの表示部分と右側の設定値表示の部分に分かれます。

レジストリはまさにファイルとフォルダのいように、「キー」といる設定情報の入れ物に中にそれぞれの値が登録されている。
「キー」の中にはさらに「キー」があり、階層構造になっている。


実際に階層をたどるには、左にある「キー」の「+」をクリックする、より階層に登録されているキーや値が表示される。

また値は、設定できる内容によって「文字列」「バイナリ」「dword」という3つにわけられている。
値を変更するには、右側から変更したい値をダブルクリックして行う。

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。