北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

レジストリエディタを理解する

2014年08月05日

レジストリエディタはファイルやフォルダを扱う「エスクプローラ」のように、左側のツリーの表示部分と右側の設定値表示の部分に分かれます。

レジストリはまさにファイルとフォルダのいように、「キー」といる設定情報の入れ物に中にそれぞれの値が登録されている。
「キー」の中にはさらに「キー」があり、階層構造になっている。


実際に階層をたどるには、左にある「キー」の「+」をクリックする、より階層に登録されているキーや値が表示される。

また値は、設定できる内容によって「文字列」「バイナリ」「dword」という3つにわけられている。
値を変更するには、右側から変更したい値をダブルクリックして行う。

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業