北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windows10を8.1に戻した時に発生した不具合

2016年05月24日

先日 アドウェアウイルスに感染したパソコンを駆除及び速度改善を行ったパソコンですが、今回windows8.1を自動にwindows8.1になったから、もとに戻す作業となります。

 

通常 windows8.1からwindows10にした場合 使い勝手が幾分よくなると思うので、そのまま使うことをお勧めしていますが、勤め先の会社がwindows8.1を使っているため、戻す作業となりました。

 

このブログで 何度も windows10から 回復作業で 7や8.1にもどす作業を説明していますので、省略させていただきます。

 

今回は、戻した時に発生した、問題点として 有線ケーブルでのインターネットが接続できなくなりました。

いろいろ設定をいじってみましたが、制限付きの接続表示となりどうしてもつながりません。

 

別途 usbケーブル接続のLANアタプターで接続してみたら、問題なくつながります。どうも win10にアップグレードしたときに、windows10がwin10ようにすり替わって、8.1にもどしてもそのドライバーが不具合を起こしているみたいです。

 

通常ドライバーのアップデート等で不具合が発生すれば「ドライバーのロールバック」なる機能でドライバー関係を以前の状態を戻す機能がありますが、今回の場合win10にあげてからの不具合なので、過去のドライバーはありません。

 

システムの復元も上記の内容同様で、システムの復元ポイントは有りません

 

幸い NECメーカーのノートパソコンなので、Cドライブに購入時にインストールされている 各デバイスドライバーがあります。

今回は、そのドライバーを使って ネットワークアダプターを過去の物にいれかえました。

 

やり方として、マイコンピューターを右クリック→プロパティをクリック→デバイスマネイジャーをクリック→ネットワークアダプターをクリック→ドライバータブをクリック→ドライバーの更新をクリック→コンピューターを参照してドライバーソフトウェアーを検索→次の場所でドライバーソフトウェアーを検索します→CドライブにあるLANアダプターのフォルダをしています。

 

このやり方で、今回はネットワークが復活しました。

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業