北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

旧パソコンの住所録を新パソコンで使えるようにする依頼

2016年04月25日

本日のパソコン修理は、古いXPパソコンで使っていた住所録データーを新しいWin10で使えるようにする作業依頼でした。

 

お客さん自身でUSBメモリで、住所録を移動して使えないということでしたので、中身を拝見するとショートカットファイルをコピーしていました。

 

また新しいパソコンには、その住所録を開くソフトがインストールされていませんでした。

 

マイナーな年賀状作成ソフトなので、住所録のデーターをどこに保存しているからさがします。通常はマイドキュメントの中ですが、新しい空の住所録を作って、規定値の保存場所を確認します。

 

その場所に お客さんが使っていると思われる「住所録1」が有りましたので、中身を確認してもらい、USBメモリに保存します。次にの新しパソコンに「住所録1」を保存しましたが、ソフトがインストールされていないので、ウィンドウズ アイコンで表示されています。

 

こんどは、年賀状作成ソフトインストールを行います。ただ古いソフトなので、win10で動くか不安でありましたが、特に問題なくインストールが完了しました。

 

年賀状作成ソフトをインストールしたので、「住所録1」のファイルアイコンも専用の表示にならなければけないのですが、ソフトとファイルの関連付けが、不完全になっています。「住所録1」をクリックしても年賀状作成ソフトが立ち上がりません。

 

この関連付けの修正を行います。まずは、「住所録1」のファイルを「シフトを押しながら右クリック」します。すると規定値にソフトの設定画面が出てきますので、年賀状作成ソフトの実行ファイルを指定します。

 

実行ファイルにある場所は、ソフトのアイコンを右クリックして「ショートカット」タブをクリックして「リンク先」の場所が実行ファイルのある場所です。

 

お客様自身が今まで使っていたソフトなので、私より詳しいと思うのですが、環境が変わればまったくわからなくなっていました。

 

簡単にレクチャーを行って本日の作業は終了です。

 

 

関連記事

  1. LIFEBOOK AH30/Eハードディスクの取り替え
  2. 有線ルーター(BBR-4HG)を無線ルータ(WSR-300HP)と取替え
  3. NEC HF150/B 起動ドライブの取替え
  4. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  5. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  6. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  7. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  8. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  9. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  10. HDDの取り替えと熱対策