北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

旧パソコンの住所録を新パソコンで使えるようにする依頼

2016年04月25日

本日のパソコン修理は、古いXPパソコンで使っていた住所録データーを新しいWin10で使えるようにする作業依頼でした。

 

お客さん自身でUSBメモリで、住所録を移動して使えないということでしたので、中身を拝見するとショートカットファイルをコピーしていました。

 

また新しいパソコンには、その住所録を開くソフトがインストールされていませんでした。

 

マイナーな年賀状作成ソフトなので、住所録のデーターをどこに保存しているからさがします。通常はマイドキュメントの中ですが、新しい空の住所録を作って、規定値の保存場所を確認します。

 

その場所に お客さんが使っていると思われる「住所録1」が有りましたので、中身を確認してもらい、USBメモリに保存します。次にの新しパソコンに「住所録1」を保存しましたが、ソフトがインストールされていないので、ウィンドウズ アイコンで表示されています。

 

こんどは、年賀状作成ソフトインストールを行います。ただ古いソフトなので、win10で動くか不安でありましたが、特に問題なくインストールが完了しました。

 

年賀状作成ソフトをインストールしたので、「住所録1」のファイルアイコンも専用の表示にならなければけないのですが、ソフトとファイルの関連付けが、不完全になっています。「住所録1」をクリックしても年賀状作成ソフトが立ち上がりません。

 

この関連付けの修正を行います。まずは、「住所録1」のファイルを「シフトを押しながら右クリック」します。すると規定値にソフトの設定画面が出てきますので、年賀状作成ソフトの実行ファイルを指定します。

 

実行ファイルにある場所は、ソフトのアイコンを右クリックして「ショートカット」タブをクリックして「リンク先」の場所が実行ファイルのある場所です。

 

お客様自身が今まで使っていたソフトなので、私より詳しいと思うのですが、環境が変わればまったくわからなくなっていました。

 

簡単にレクチャーを行って本日の作業は終了です。

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業