北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

BIOSの画面もでない起動不能のショップオリジナルPCの修理

2016年03月29日

本日のパソコン修理ブログは、BIOSの画面すら出てこない 起動しないショップオリジナルPCの修理です。

ショップオリジナルPC

 

電源ボタンを押すとCPUファンは回っているので通電しています。バラシて中をみてみます。

 

後ろの上下2本のネジを取り外します。

上下2本のネジを外す

 

ネジを外したら本体を横向きにて再度カバーをスライドさせながら手前に引っ張ります。

本体を横に倒してスライドカバーを引っ張る

 

カバーが外れたら、中央に見える補強バーを取り外します。手前にネジ1本で止めています

補強バーを取り外す

 

外れた状態です。

外れた状態

 

この状態で電源投入をしてみたらマザーボード用の通電ランプがついています。

 

一番最初の診断では、マザーボードの故障の可能性大でしたが、マザーボード自体は、生きている可能性があります。

 

内部のチェックをしていきます。

 

まれにコイン電池きれで起動しないマザーボードもありますので、電圧計でチェックしてみます。問題ありませんでした。

 

次に各部品がキッチリ差し込まれているか、ゆるみ 外れはないか確認しますが、問題ありません。

 

ハードディスクは、事前に取り外されているので、メモリの交換をしてみます。

 

これが正解でした。普通にBIOSの画面が出てきました。

 

左が今回テストに使用したメモリで右が既存メモリとなります。

テストメモリと既存メモリ

 

普通に考えたら、メモリが無くてもBIOSの画面が出てくるはずですが、まれにこんな事もあります。

 

固定観念にこだわらないで、初心に戻り 基本通りにやることを実感しました。

 

 

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業