北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

防犯カメラネットワーク設定の依頼

2016年03月28日

本日のパソコン修理は、防犯カメラネットワーク設定の依頼です。お客様は、お店の方です。

 

3台の機器で1台当り4チャンネルのカメラをコントロールできる計12台のカメラの管理している防犯システムです。

当社に依頼の経緯は、以前 そのお店で働いている方が、ノートパソコン修理の持ち込みをされてた事がきっかとなります。

 

当初 防犯カメラのネットワーク設定は、経験がないのでお断りしたのですが、見るだけもいいから来てほしとの事です。

 

修理依頼は、光回線を変更した事により ルーターの取り替えが発生した為、すべての防犯カメラがネットワークから見えなくなったので、ルーターの設定を変更してネットワークから見えるようにしてほしいとの事です。

 

まずは、ルーターの設定の見直しです。初期設定のローカルIPアドレスは、192.168.11.1ですが、以前使っていたルーターの初期設定と相違がありました。

 

カメラ側のIP設定は、1台は DHCP機能を使ってIPを振り当てを行って、そのあと固定に切り替えを行っていたので、内部LANからは、1台だけ見えていました。

 

のころ2台は、モニターをつないでUSBマウスをつないでも マウスが動かないのでできなかったとの事です。即 2台を再起動を行って再度モニターをつないで マウスをつないでみたら認識できるようになりました。

 

残り2台もルーターのローカルIPアドレスに合わせた設定をおこないます。すると内部から3台とも見えるようになりました。

問題は、外部から防犯カメラを確認するのに、グローバルIPアドレスからの参照が出来ません。

 

カメラ販売元のヘルプセンターに電話をかけて聞いてみると、ポートの開放が必要ですとの事です。3台別々のポート番号を振り当てる必要があることも言っていました。

 

防犯カメラの設定画面で確認すると、以前の設定はポート番号を3台とも違う番号に振り当てていました。その番号を控えて こんどはルーターの設定でローカルIP事にポート番号を振り当て、3個のポートの開放を行いました。

 

ここでは詳しく書けませんが、カメラ販売元のヘルプセンターから外部からのカメラの参照方法を聞いていたの、私のスマホでやってみました。すると見事に、防犯システムのカメラが見ることが出来るようになりました。

 

お客様のスマホに設定のやり方を、説明して作業の完了となります。

当然 私が見た防犯管理システムの設定はすべて削除しています。

 

文章で書くと簡単ではありますが、悪戦苦闘の依頼でした。

 

 

 

関連記事

  1. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  2. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  3. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  4. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  5. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  6. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  7. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  8. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  9. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  10. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理