北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

NEC 一体型パソコン VN370/H ハードディスクバックアップ作業

2016年02月06日

NEC 一体型パソコン VN370/H が電源を入れても何も映らないパソコンの診断をおこないました。

NEC 一体型パソコン VN370/H

 

結果 マザーボードの故障で修理せずにハードディスクのバックアップ作業を行うことになりました。

ハードディスを取り外しての手順を説明します。

 

まずは、裏面のネジ 見えてるすべてのネジを取り外します。

 

外したら、写真のようにスタンド部分をつかみ上方向からゆっくりと引っ張るとカバーが外れます。

裏面のネジ 外してカバーを持ち上げる

 

裏面のカバーを外した状態です。

裏面のカバーを外した状態

 

左下方向にハードディスクを収めたケースが見えますので、ネジ3本をすべて外します。

ハードディスクを収めたケース

 

ハードディスクのケースごと外した状態です。

ハードディスクのケース

 

ケースよりハードディスクをとりはずします。ネジ4本べてはすします。

ネジ4本をすべて外してケースからハードディスクを取り出す

 

ハードディスク単体になったら別のパソコンにS-ATA対応USBケーブルでつなぎデーターの抽出を行います。

usbケーブルで別のパソコンにつなぐ

 

ハードディスクには損傷はなく、マイドキュメントのデーターやディスクトップに置かれているマイデーターを別のハードディスクにコピーします。

写真やビデオ エクセルファイルなどをバックアップして約220GBのデーター量がありました。

 

最近 マザーボードの故障の修理依頼が多く、ノートパソコンに次、一体型パソコンの修理依頼が多いです。

一昔前から比べると、ノードパソコンのビデオも向上しており、DVDやブルーレインディスクをストレスなく見れるようになっています。

 

長時間のビデオ鑑賞でビデオチップが高温なり、高温なった空気の逃げ場がすくないノートパソコンは、チップのコア焼けや半田割れが発生しやすく、電源は入るがモニターに何も映らないくなった故障が多くなっています。

 

ノードパソコンを長時間稼働させるときは、専用の空冷パットなどがありますので、それなりの効果がありますので、お勧めします。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。