北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

アドウェア広告詐欺ソフト「RegCleanPro」削除

2016年02月03日

パソコンの調子が悪く 電源を入れても完全に立ち上がるまでに、時間がかかり「RegClean…」とかいうソフトが勝手に立ち上がり、どうも ウィルスに侵されているみたいとの事で修理依頼です。

 

診断してみますと、やはり「RegCleanPro」なるそふとがインストールされています。このソフトの特徴は、レジストリーの診断を勝手に行い、レジストリーに大量のエラーがありますと不安を誘い、お金払って製品版を購入してもらう詐欺ソフトです。

アドウェイ広告詐欺ソフト

 

診断結果は、嘘で絶対に信じないでください。又たちの悪い事にスタートアップに登録され 電源を入れればソフトが勝手に起動してしまうことです。このソフトが立ち上がるとパソコンに負荷が高まり、なかなかウインドウズが立ち上がってくれません。

 

マイクロソフトパートーナーなど表記している物だから、最初からパソコンに入っている物だとしんじていまいます。

 

除去方法ですが、スタートパネルからプログラム→RegCleanProのアンインストールを選び実行する。

それてコントロールパネルからアプリケーションの追加と削除からRegCleanProの項目がのっていれば削除します。

 

後は、ファイヤーホックスやグーグルクロームやIEのプラグインの管理から不明なプラグインがインストールされていないかしらべてみます。

 

グーグルでは拡張機能 ファイヤーホックスではアドオン→プラグイン IEはアドオンの管理→ツールバーと拡張機能のなかをみて、発行元が不明になっているプラグインや同じ日にインストールされてプラグインの名前をコピーしてネットで検索してしらべてみる。

 

しらべた結果 アドウェイとわかれば即削除します。あとスタートアップで起動しているソフトを調べます。スタートアップの中の検索で「MSCONFIG」と入力すると「システム構成」がでてきますので、タブのスタートアップをクリックして、スタートアップ時に起動している怪しいソフト知らべてみます。

システム構成

 

先ほどと同じのように検索にしかたで検索して、あやしいと思えば一時的にとめて様子を見ます。

 

最後の仕上げは、フリーソフト「SPY BOT」をインストールしてアドウェイに関する項目全般を調べ完全に削除します。

spybot

 

だいたいここまでやれば、完璧に駆除出来ています。

 

 

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業