北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windows10アップグレード 失敗事例

2016年02月01日

Windows10へアップグレードを自分でやって、Windowsが起動できなく困って持ち込まれるパソコンが、最近よくあります。

 

先日もちこまれた パソコンは、やはり自分でWindows10へアップグレードを行ったはいいが、最後の立ち上がりの時点で、画面が点滅を繰り返し それ以上先に先に進まない状態になって持ち込まれました。

 

幸い インストール事態は最後まで出来ていて、システムのリフレッシュ機能が使うことができました。マイデーターだけ残し 実行すると再起動後 パソコンがいつも通り起動できるようになりました。

 

だだしこの機能を使うと、1け月以内の7に戻す事が出来なくなります。それと特定のアプリケーションもきえてしまいます。

 

通常ここで、マイデーターを別のメディアに移して、内臓のリカバリ領域から購入時の状態に戻した後に、windowsアップデートでsp1の修正プログラムをインストールして、クリーンな状態で10のアップデートを行うのが通常のやり方かと思います。

 

上記の持ち込み修理のパソコンは、アプリケーションにインストール履歴に、アドウェイ広告詐欺にソフトが数種類インストールされていました。

 

それが原因で、画面の点滅して起動できなかったかわ断定できませんが、すくなくとも影響しているのは、間違いありません。

 

お客様の方も「7の時はすごく遅かったけで、今は早くなった」と喜んでいました。スタートアップに登録されていた、アドウェイ広告詐欺ソフトがなくなったから、すべてが早くなったわけです。

 

10へのアップデートのまとめとして

1.該当機種が、10へのアップデートのサーポートドライバーやソフトがあるか確認する事。

2.事前にバックアップをとり不足の事態に対処できるようにする。

3.7から数年使い込んだパソコンは、10に未対応なソフトやインストールに不具合をおこす可能性もあるので、一度購入時に戻してサービスパックを導入してからアップデートするのが無難である。

4.上記の例であるように、現状ものすごく起動に時間がかかるなどある場合は、アドウェイソフトの混入を疑い、一度詳しい人に見てもらいそれからアップデートするのがよろしいかと思う。

 

 

関連記事

  1. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  2. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  3. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  4. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  5. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  6. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  7. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  8. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  9. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  10. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理