北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

NEC LaVie LL550/K ハードディスク取替え

2016年01月16日

本日のパソコン修理は、NEC ノートパソコン LaVie LL550/Kのハードディスク取替えです。

NEC LaVie LL550/K

 

最初にバッテリーを取り外します。

最初にバッテリーを取り外します。

 

開閉ボタンを開け方向にスライドさせてます。

するとバッテリーがもちあがり手で外せるようになります。

開閉ボタンを開け方向にスライドさせてます

 

次は、ハードディスクの取り外しをします。

裏面に左したの位置にハードディスクが収められています。

裏面に左したの位置にハードディスクが収められています。

 

写真ドライバーで示すねじ2本を緩めます。

写真ドライバーで示すねじ2本を緩めます。

 

次に左側のへこみ部分に指をかけて上方向に持ち上げればふたが外れます。

次に左側のへこみ部分に指をかけて上方向に持ち上げればふたが外れます。

 

ふたが外れた状態です。中からハードディスクが見えます。

 

ハードディスク本体を手で押さえて 左方向にスライドさせます。

すると 差し込み口がらハードディスクが外れます。

ハードディスク本体を手で押さえて 左方向にスライドさせます。 すると 差し込み口がらハードディスクが外れます。

 

右方向の隙間に指を入れてハードディスクをつかみ取り外します。

右方向の隙間に指を入れてハードディスクをつかみ取り外します。

 

写真は、ハードディスクが外れた状態です。

写真は、ハードディスクが外れた状態です。

 

取り外した手順とは逆に、新しいハードディスクをとりつけていきます。

 

ハードディスク取り外しにあたり注意てんですが

1、バッテリーは、必ず外して作業開始すること

2、古い機種だと、プラスチックが硬化している可能性があるので、ふたを外すときはゆっくりと丁寧に作業を行ってくください。

3、あたらしいハードディスクを購入するときは、現状2.5インチサイズの主流は、9.5ミリ厚サイズですが、今はほとんど見かけませんが、古い機種だと 11ミリサイズのハードディスクもあります。現在 流通にほとんどないので、変換アダプターなど使用し9.5ミリ厚や7ミリ厚タイプを使用するよにしてください。

 

次は引き続き メモリの取替え手順の説明をいたします。

 

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。