北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

FMV-A6260メモリー増設作業

2016年01月08日

FMV-A6260は、OSがWindowsVISTAで標準メモリ搭載量1GBで少ないメモリー量です。

今回は、これを2GBにおこないます。

 

まずは、ウラ面より取り外します。

FMV-A6260 裏面のネジ1本を外す

 

写真で示すドライバーの先のネジ1本を外して カバーを下方向にスライドさせる

FMV-A6260 ネジを外した後カバーを下方向にスライド

 

カバーを取り外し、メモリが見えます。既存は512MBが2枚ついています。

今回は、2枚とも新しく取り替えて 1GBを2枚刺して合計2GBに行います。

FMV-A6260 メモリが見る 標準で512MBが2枚

 

メモリは、左右を軽くバネ式の留め金でとめているだけです。

メモリは、左右を軽くバネ式の留め金でとめているだけです。

 

左右の留め金を外方向に広げます。広げれば、メモリー浮き上がります。

左右の留め金を外方向に広げます。広げれば、メモリー浮き上がります。

 

 

浮き上がったら、メモリーの先端を持ち引き抜きます。

メモリを抜いた状態です。

浮き上がったら、メモリーの先端を持ち引き抜きます。

 

下、もう一枚も同様に取外します。

 

2枚すべてが抜けたら、今度は新しいメモリを取り付けます。

要領は、取外しと逆の手順を同じです。

 

注意点として、まず作業前は、事前に体の静電気をにがした作業を行ってください。

結構高価なデリケートな部品ですから。

 

メモリーに取りついているチップを直接指で触らないでください。

人間の油脂がついて、機械が作動したときその部分だけ高温になり、破損する場合があるからです。

 

取り付けるメモリーは、2GB1枚より 1GB2枚で取り付けた方が、デュアルチャンネルで作動するため、高速になるようになっています。

 

最後に、今だに言われている相性問題は、メモリーに関してはまだあります。

同規格のメモリーをとりつけても、メーカーブランが違うだけで動かない場合があります。

なるだけ、現在取りついているメモリーを同じメーカーと同じ物を2枚刺しで使ってください。

 

購入時に、少しのお金を払えば相性による不具合の場合 取り替えてくれるショップもあります。

お金が無駄にならないように、保証をつけた方が安全で作業もできます。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。