北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

リカバリーをしないでハードディスクのパーテーションの変更

2015年11月21日

よく お客さまのパソコンで見られる現象として、購入時に入っているソフトと長年つかって自分でインストールソフトで、Cドライブの空き容量が少なく Dドライブが全く使用されていないパソコンをよく見かけます。

 

メーカー製パソコンの場合は、ほとんどが一つのハードディスクを2つにパーテーションを分けてCドライブ Dドライブと別途リカバリ領域を作成して販売しています。

 

Cドライブが満タンの場合 Dドライブが使われていなければ パーテーションの仕切り直しをすれば、Cドライブの容量不足は解消されます。

 

通常のこの作業は、パソコンのリカバリ作業中にパーテーションの領域を変更しなければできなく、ドライブのサイズ以外は、購入時の状態にもどります。

 

これを、もとのデータ残したまま パーテーションの領域を変更ができるソフトがあります。

それが「EASEUS Partition Master 9.1.0 Home Edition 」です。フリーで使える高機能のソフトです。

 

詳しい使い方は、割愛させていただきますが、無料でこれができるソフトは、ほかになないかと思います。

 

使い方等は、詳しくかかれている方がいますので、そちらを参考にしてください。

 

入手方法ですが、検索画面に「EASEUS Partition Master 9.1.0 Home Edition  DL」と入力して探せばすぐに見つかります。

 

大手フリーソフトを配布している「窓の杜」「ベクター」などにもおかれています。

使用には、多少リスクをともないます。下手をすれば、パソコンが起動できないなども考えられるので、大事なデーターは事前にバックアップをとって、十分に使い方を理解した上で使ってください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業