北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

TOSHIBAノートパソコン(B650/B)のHDDからSDDに交換作業

2015年11月18日

本日の修理は、ノートパソコンのHDDをSSDに交換作業のパソコン修理作業となります。

 

お客様から良く相談として「最近パソコンが遅くなったので、早くしてほしい」との相談がよくあります。

 

本日の修理は、ノートパソコンのHDDをSSDに交換作業のパソコン修理作業となります。お客様から良く相談として「最近パソコンが遅くなったので、早くしてほしい」との相談がよくあります。

 

予算と現状のパソコンの状態を見て、このパソコンのベストと思えば「SSDの交換作業」をオススメしています。

 

予算と現状のパソコンの状態を見て、このパソコンのベストと思えば「SSDの交換作業」をオススメしています。

 

実際 Core i 3のパソコンにSSDを装着すると、HDD装着のCore i 7より体感速度は、はるかに上がります。

 

 

今回も「EaseUS Tooda BacKup」使用して取替えます。

 

今回は、HDD(320GB)からSSD(128GB)への容量のちがうドライブのクローンとなります。ソフトが自動で調整してくれますが、完璧ではないので、後でパーテーションの調整をおこないます。

クローン作業を開始して2時間程度で完了です。

 

パーテーションのサイズを確認すると、回復パーテーションがHDDが100MBに対してSSDが32GBになっています。

 

SSD装着後、サイズの変更を行います。

 

取り替え作業手順の説明です。

 

はじめに、底面からネジ1個を取り外します。

P1050660

 

見えているHDDを取り外します。

P1050663

 

取り外したHDDと新しく装着するSSDです。

P1050666

 

SSDに取り替えました。

P1050665

 

今までの作業の逆の手順で組み立てます。

 

次は、パーテーションのサイズ「EaseUS Partition Master」を使って変更を行います。

 

今回は、細かい使い方は割愛させていただきますが、このソフトの特徴は、既存のデーターをのこしたまま、Windows上でドライブのリサイズができることです。

 

通常起動ドライブのリサイズ変更は、リカバリー作業が必要となります。それが、この無料ソフトできます。

 

ただし、ドライブのリサイズはリスクも伴うので、使うのはしっかりと勉強をして使用する事です。

 

へたすれば、パソコンが動かなくなりますから。

 
 
EaseUS Todo Backup Freeはこちら
http://jp.easeus.com/backup-software/free.html
 
EaseUS Partition Master Freeはこちら
http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

関連記事

  1. 起動速度が遅くなった自作パソコン修理
  2. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  3. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  4. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  5. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  6. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  7. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  8. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  9. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  10. 自作パソコン Windows7の入れ替え