北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windowsロゴマークで停止して動かないノートパソコン修理

2015年11月12日

TOSHIBA dynabook T552/58FKS ノートパソコン起動修復のパソコン修理です。

 

さっそく診断です。やはりWINロゴマークで止まったまま動きません。

 

まずは、スタートアップ修復をこころみます。

 

電源を入れすかさず 「F6」ボタンを押したままにすると、システム回復メニューやセフティーブートのセレクト画面が現れます。「F8」を押してシステム回復コンソールをえらびます。

 

メニューよりスタートアップの修復を選び修復を開始します。数十分後「修復ができませんでした」と結果が出ましたので、次はシステムの復元を行ってみます。

 

起動しなくなった、前日を選び 復元を開始しますが、これま失敗です。さらにさかのぼって 一番古い復元ファイルを選び再度実行します。これままた失敗です。

 

ただし このあとの「スタートアップの修復をおこないますか?」と先ほどと違う画面がでてきました。当然 「OK」を押して、スタートアップの修復を再度実行します。

 

数十分で修復が完了しました。再起動を行うと普通にWindowsがたちあがりました。するとスタートアップに「アドウェイソフト」が、入っています。

 

インターネットの回線を遮断して、アプリケーションの除去を開き 3本の「アドウェイソフト」を削除します。

 

次に「SPYBOt」なるソフトをインストールして、アドウェイに関する「クッキー情報やレジストー」等の削除をおこないます。

 

最後のチェックディスクを行います。ディスク容量が大きかったので数時間かかりましたが、無事検査がおわりました。

P1050654

 

起動確認等をおこなって作業完了です。

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業