北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

速度の遅いパソコン高速設定

2015年11月03日

パソコン修理を依頼されて、パソコンを起動操作してみると なかなか起動しないパソコン 速度の遅いパソコンをよく見かけます。

 

なぜ そのパソコンが遅いのか、いろいろな要因がありますが、代表的な例として下記の理由が考えられます。

1:メーカーパソコンを初期の状態では常駐ソフトがたくさん稼働して使っている。

これは、右下にある時計の横にアイコンが並んでいますが、これは現在稼働しているソフトを表してます。これが多ければ多い程、メモリを消費CPUに負荷がかかり速度低下の原因になっている可能性があります。

 

2:メモリーが不足している。

購入時に、2GB程度のメモリしか積んでいなく、メモリ不足で低下の原因なっているパソコンもあります。

 

後いろいろありますが、比較的新しパソコンで、購入して1年~2年程度のパソコンであれば、たいてい上記の内容に当てはまるかと思います。

 

1については、スタートアップ時に呼び込まれる、ソフトを制限する必要があります。これは、専門の人にみてもらい、常駐ソフトを制限すれば快適にパソコンが使えるようになります。

 

2については、やはり近くのパソコン修理店に持ち込み メモリを増設してもらう必要があります。この時に、空きスロットをがあるか無いかで、部品代の値段が変わってきます。

 

上記内容をおこなったうえで、さらにグラフィカルの調整でさらに効果が上がります。

やり方は下記になります。

パフォーマンスオプションの視覚効果を、「コンプユーター」に応じた最適なものを自動的に選択する」を「パフォーマンスを優先する」に変えてやれば、素晴らしくはやくなります。

 

 

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業