北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windows8.1からWindows10へアップグレード失敗したパソコン修理

2015年10月11日

本日のパソコン修理は、Windows8.1から10にアップグレードして、起動しないパソコンの修理依頼です。

 

最近 この手の修理の依頼が来ています。アップグレード中の画面説明を良くみないで、とんとん拍子に進めていったは、いいのですが、起動してみるとすべての個人ファイルやインストール済みのソフトやドライバーがなくなっていたなど、よく耳にします。

 

アップグレードの起動しない原因の一つとして、ハードディスクにエラーがあり そのままアップグレードを行って起動しないこともあります。

 

時間とお金に余裕があれば、他のハーデディスクに今の環境をバックアップを取り、新たに別のハードディスクににインストールするのが、安全かとおもいます

特に私が行っている作業方法として、ハードディスクが悪くて、リカバリーができない OSのインストールができないなどの問題の際は、すぐに新品のハードディスクを買って取り替えるのではなく、手持ちの予備のハードディスクに環境をコピーして状況をしっかり確認して、作業を行うようにしています。もしやリカバリーイメージの破損でできない事も考えられるし、最悪の場合マザーボードの故障も考えらるからです。

 

話がそれましたが、今回の修理での不具合は、ハードディスクのエラーによって発生しています。

 

アップグレード前は、しっかりチェックディスクを行って、アップグレードしてください。

 

現状特に不具合が無ければ、Windows10のアップグレードは、来年まで持ち越した方が良いかと思います。

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業