北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

電源が入らないパソコンの修理

2015年09月04日

本日のパソコン修理は、電源ボタンを押しても 起動しないパソコンの修理です。

 

パソコン本体に、各機器(キーボードやマウス等)を接続して電源コードを挿して電源ボタンを押してみます。一瞬電源ボタンが光すぐに消えます。

 

 

再度電源ボタンを押すと、今度は光ません。再度電源ケーブルを抜き差しを行い、電源ボタンを押すと、又瞬間的に光ます。

私がまず考えたのは、次のように推測しました。

①電源boxは、生きている

②マザーボードも生きている

③ケースのスイッチ関係の不具合ではにだろうか?

 

 

両サイドパネルを取り外して、フロントパネルも外します。フロント周りの電源ボタンの裏側の接触具合の確認をしますが、問題ないようです。

 

電源ボタンのスイッチのケーブルを追っていきますが、断線等は見当たりません。

 

マザーボートとつないでいる、接触部分を確認すると、端子が斜めになって抜けかかっている状態を発見、すぐさま挿し直して、電源ボタンを押すとすんなりと、パソコンが立ち上がりました。

 

内部のハードディスクやメモリを交換増設する時に、先ほどのケーブルに軽くふれてしまい、完全には抜けてない状態になっていたようです。

 

この部分の部品は、抜け防止のヒッカケが無いものですから、ちょっとしたことですぐに抜けてしまします。

パット見た目は、ささっているのでなかなか気づきません。

 

 

電源が入らない原因は他に、メモリがしっかり根元まで刺さっていなく、電源がはいらない

電源boxとマザーボードをつなぐメンイ電源のコンセントが抜けかかっている

起動ドライブのハードディスクがこわれてしまい、電源が入らない

内蔵電池が消耗して、電源が入らないなど、たくさんの要因があります。

 

すべたのマザーボードが、同じ現象で出るとは限りません。機種ごとに症状は変わります。

パソコン修理は、奥が深いです。

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業