北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windows7 32-bit版を64-bitにOSの入れ替え

2015年08月05日

本日のパソコン修理は、Windows7 32-bit版を64-bitに変更する、OSの入れ替え作業です。パソコンは、ショップブランドの「マウスコンピューター」です。

 

リカバリディスク無  HDD内にリカバリ領域なしのパソコンで、プロダクトキーはあるので、Windows7 64-bit版のディスクを使って作業開始です。

 

 

ここで注意は、32-bit版から64-bit版のアップグレードは出来ない為、すべて新規インストール作業となります。

 

開始から約1時間程度の時間でWindows7のインストールは、完了しますが、ここからが問題の連続です。

 

付属のドライバー関係のソフトが無いため、認識できない機器が出てきます。デバイスマネイジャーよりデバイスの認識状態を確認します。

 

最悪の事に、イーサーネット ネットにつなげる LANポートが認識していません。これでは、web上でドライバーを探すことはできません。とりあえずは。スマホのデザリング機能を使って、インターネットにつなげ ライセンスの認証だけ済ませます。

 

次は、別のパソコンからマウスコンピューターのホームページに入り、機械番号を入力ドライバーを検索すると、頭文字にUの番号がついていない機器にサポートは、有料で行っていると出てきます。

 

仕方ないので、マザーボートの型番を調べ、マザーボードメーカーより直接ダウンロードすることにしました。

 

すると マザーボードも会社名が「MCJ Co.,Ltd」なっている為、お手上げ状態になりました。このマーザーボートの型番を直接入力して、いろいろ調べてみると msiのome版使用だとわかりました。

 

この両者の違いは、MSIの方には。「HDM1」の端子がついているが、OME版にはありません。従って VGAのドライバーが使えない可能性があります。

 

ただしこのパソコンには、グラフィックカードが別についています。

 

MSIより同型番のドライバーをダウンロードしてインストールを開始です。

 

イーサーネット ドライバーのインストールです。無事認識 インターネットも出来る状態になりました。

 

つづいて、サウンド,チップセット,ビデオとドライバーをインストールしていきます。
やはりビデオがインストールできません。

 

グラフィックカードのメーカーよりドライバーをダウンロードしてインストールします。

 

デバイスマネイジャーよりデバイスの認識状態を確認すると、すべて認識しています。

 

あとは、Windowsアップデートでサービスパック1を導入して、最終アップデートを数時間かけて、作業完了です。

 

関連記事

  1. 起動速度が遅くなった自作パソコン修理
  2. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  3. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  4. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  5. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  6. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  7. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  8. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  9. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  10. 自作パソコン Windows7の入れ替え