北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

富士通ノートパソコン 起動スピード改善

2015年06月06日

本日のパソコン修理は、富士通ノートパソコン 起動速度改善です。

前回のノートパソコンの起動速度の改善方法です。

パソコンの概要は以下になります。

・Windows VISTA 32ビット  ハード60GB  メモリ1GB です。

ここで、問題はメモリの容量不足です。 買った直後であれば、常駐ソフトも少なく快適に動くかもしれません。これが数年使ってくると、すぐにメモリ不足に陥り、ハードディクをメモリ変わりに使い出す スワップが始まりだします。

当然ハードデイクは、メモリみたいに高速に稼働できません。スワップが始まれば、トロトロした動きに変わります。

本体底面より メモリを取り出し 521MBを2枚挿し しているので、予算の関係もあるので 今回は、1枚を取り外して 1GBのメモリを取りつけます。これで1.5GBの容量になります。

システムのプロパティで容量を確認すると、1.5GBで認識しています。

次は、内部のソフトを調べてみると、ウイルスソフトが3本インストールされていました。 評価版 アドウェイ広告版を削除しました。

右下にある アイコにたくさんの常駐ソフトが登録されているので、不要を思われるソフトを、スタートアップから削除します。

一番大事な部分である、レジストリの最適も長年されていないようで、肥大化しています。不要と思われるレジストリのエントリーをソフトを使って削除します。

WindowsTempにたまった、不要ファイルを一斉削除します。

壁紙関係をシンプルな物に変更して、ガジェットとすべて停止 アクティブディスクトップを停止して完了です。

起動してみると、キビキビした動きに変化しています。

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業