北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

USBメモリを差すたびに出る警告

2015年03月24日

パソコン修理依頼は、USBメモリを差すたびに出る「パソコンは、現在危険な状態にある」と言う警告を、対処してほしい依頼です。

パソコンを診断してみたところ、購入から約1年間たち購入時にインストールされていた、評価版のウイルスソフトが、期限がきれていてそれで、警告がでていました。

早速評価版をアンインストールして、無料のウイルスソフト「KINGSOFT Internet Security 2015」をインストールしました。

 あくまで無料ソフトということなので、広告が右下に定期的に出る事説明して、無事作業完了です。※今回インストールしたキングソフトのインターネットセキュルティ2015は、ブラザーのホーム画面をキングソフトの設定画面にすれかライセンスを購入すれば、広告が出ないようになります。

フリーのウイルスソフトの中では、なかなか使えるソフトです。

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業