北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windowsが起動出来ない。

2015年01月21日

最近修理依頼が多いのは、「パソコンが起動できなくなった」と修理依頼が多い
傾向として ショップブランドのパソコンが特に多く、ほとんどがハードディスクの故障である。

なぜハードディスクの交渉が多いのか?


①起動どうライブに対して安価な保存用のドライブをしようしているケースがある。
これは、見た目のCPUやメモリーなどアピーるして、お得間を演出している傾向がある。

②上記と似た内容だが、ハーディディス用の前面ファンが、装着されていない。
これもすこしでも、コストを下がるため、安価なケースを使用しているためファンがない場合ある。

③パソコンがフリーズした時に、強制終了するときに、ハードディスクのランプがまだ作動しているのに電源ボタンを押す。
これをやると、どんなハードディスクでも高い確率でハードディスクが壊れる可能性がたかい。

④購入されてほとんどメンテナンスされていない
win7や8は、初期設定でデフラグを行うようになっているが、それ以前のパソコンでは、オーナーのがベットやる必要がある。

パソコンが起動しなくなった又な、いつもと違う画面が出たときなどは、すぐに専門の方に見てもらってください。
修理代金も部品交換がなければ、安く済みます。

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業