北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

WINDOWSアップグレート版を新規インストール裏ワザ

2015年01月05日

本日は、ウインドウズのアップグレード版を新規でインストール裏ワザをご紹介します。

本来 アップグレード版は、何かしろウインドウズがインストールされたパソコンにしかアップグレードできません。でもある裏技を使えば、未ウインドウズインストール状態でもアップグレード版がインストールできます。

アップグレード版がインストール時に確認するのは、WINDOWSフォルダがあるか無いかで、インストールできるかできないの判断している。

フォーマットされた状態のHDDを事前に他のパソコンにUSB接続などでつないで、WINDOWSの空のフォルダを作ります。

インストールするパソコンにHDDを戻しインストール開始する。

インストールが完了すると、事前に作成したWINDOWSフォルダにoldの文字が付保存あれています。

もともと空のフォルダなので、別段そのままでも問題はありません。

気になる人は、削除してください。

ただし プロテクトがかかっていて普通の状態では、削除できないので、フリーソフトなどを使用して削除してください。

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業