北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

USBに保存したエクセルファイルの検索

2016年09月06日

本日は、「昨日の夜にUSBに保存したファイルが見つからないので、至急にみてほしい」との依頼です。

 

まず、現場でお客様に操作の再現をしてもらいます。

エクセルのショートカットをクリックしてエクセルを起動していた。

次にファイルをクリックして「最近使用したファイル」をクリックしてファイルを開いていました。

 

開いてみると、ドキュメントフォルダーの中身が開きました。目的のファイルの参照先は、USBドライブのF:***・XLSになっています。

 

マイコンピューターを開いて USBのドライブを確認すると、USBは、Hドライブに割り当てられていました。

各ドライブを確認すると、新しく F:ローカルディスクがつくられていました。

 

今までは、USBをつなげば 空きFがドライブ番号割り当てられていましたが、空きが無くなったため Hが新しく割り当てられるようになっていました。

 

なぜ 新しく F:ローカルディスクがつくられていたかはわかりません。お客さまの他の人もパソコンを使っている人がいるみたいで、そこは触らないで別の方法でエクセルファイルを開くように、レクチャーしてきました。

 

まずは、エクセルの「最近使用したファイル」をすべてクリアーします。次にマイコンピューターを開いて Hドライブを開いてUSBドライブの中身をみます。

 

その中から、目的のファイルを見つけて開くように教えます。

 

次に、目的のエクセルファイルを開きます。実際の編集作業に入ります。文字を太文字にする方法をレクチャーします。

罫線を使った表が線の太さがバラバラになっていたので、罫線の使い方をレクチャーします。

 

次に 文字の大きさを変える方法をレクチャーします。

 

実際に印刷をしてみます。1枚印刷したのに白紙が別に2枚でてきました。

改プレビューを開いてみたら、印刷範囲がはみ出していたので修正します。

 

再度 印刷したら 1枚として出てきました。

もう一度、改プレビューの開き方から、設定の仕方をレクチャーします。

 

アドバイスとして、ファイルの作成日及び修正日を、記入した方がいいですよと教えます。

 

また、太文字にする方法から罫線の使い方を再度レクチャーします。

本日 教えた事をすべて 一人でできたので、本日のパソコンレクチャーは完了です。

 

 

 

関連記事

  1. プリンター設置依頼
  2. DVDメディアを入れても自動再生できなくなった。
  3. サンダーバード メール操作のレクチャー
  4. dynabook T451/46DR 起動不具合 パソコン診断
  5. デジカメ動画ファイルをDVDプレイヤーでみれるようにする。
  6. ファイルメーカー操作レクチャーとテンプレート修正
  7. エクセル 改ページ で印刷範囲指定
  8. Microsoft Word のスタイルの変更について
  9. メールの送受信のレクチャー
  10. ワードブレス過去にさかのぼって投稿する。